PPC広告を活用して売上を拡大したい全ての方へ、プロのノウハウを余すことなくお伝えいたします。


  • 自社でPPC広告の運用ノウハウを蓄積したい。
  • これからPPC広告を始めたいが何から手をつければいいかわからない。
  • 今まで自社で運用していたが年々新しい機能が付加されるため
    知識習得や操作方法等も含めて勉強したい。
  • 数年来、自社で運用しているが改善策等のアドバイスを受けながら
    プロの運用ノウハウを体得したい。

    等々

この講座は、「これからPPC広告の運用をはじめたい方」や
「既に自社で運用している方」までスキルや知識面に関係なく
「PPC広告を活用して売上を拡大したい全ての方」へ受講いただきたいと考えております。

通常、「講座」と名がつくものは、初級、中上級者などの
受講対象者を特定します。しかし、この講座では、受講対象者の方を特定いたしません。
あえて特定するとすれば、「PPC広告を活用して売上を拡大したい全ての方」が対象です。

なぜ、受講対象者を特定しないかと言いますと、
限りなくマンツーマンに近い受講スタイルだからです。

よって個々の受講者のスキルレベル、運用経験や知識
さらに個々の課題等一切関係ありません。

これから、「PPC広告を1から勉強してノウハウを取得したい。」
「すでに自社で運用しているがアカウント情報を見て改善事項を
アドバイスして欲しい。」等々

毎回、少人数開催ですので、座学による習得スタイル+疑問や質問
運用上の懸念事項等もその場で解決いただけます。

「PPC広告を活用して売上を拡大したい全ての方」
へご受講いただきたいと考えております。

「PPC広告がうまくいかない。」のには理由があります。

PPC広告の活用手法が始まった2002年から既に10年が経ち、
どの業種やキーワード市場も多くの企業が参入し競争が激化しています。
以前は、売上につながりそうなキーワードで「とりあえずPPC広告を出稿していれば」
売上に繋がりました。

「なんとなく入札価格を決め」
「なんとなく広告文を決めて」
「なんとなく広告出稿をしていた」

そんな方も多いのではないでしょうか。

運用上明確な行動指針がなくとも、参入するライバル企業が少なければ、
それなりに収益化することができました。

しかし検索需要があって、ライバルの少ない穴場のキーワード(市場)は、
もはやほんんど無いと言っても過言ではありません。


PPCは興味を持った人に広告が表示されるため、費用対効果が良い広告と言われておりますが、
運営者のスキルレベルによって、費用対効果が大きく変わってきます。

ビジネスモデルによっては、運営者のスキルによって黒字にもなれば赤字にもなるケースがあります。

例えば5,000円の商品を売るのにPPC広告費(顧客獲得コスト)が7,000円掛かっていれば赤字です。
運営者のスキルによって、3,000円にもなれば10,000円にもなります。


YahooやGoogleなどの検索エンジンを介してから集客する以上、
PPC広告の運用スキルを高めることは、必須と言っても過言ではありません。

PPC広告もメジャーな媒体となりましたので、キーワードのクリック単価が数倍に跳ね上がり
CPA(顧客獲得コスト)が大幅に悪化している企業が後を絶ちません。


「ホームページを作って、PPC広告を出せば売れる。」という時代は終わり、
検索キーワードの選定方法や年々高度化する運用方法を体得するには
専門家から教えを受けることが最も最適です。

なぜ、PPC広告実践講座を開講するのか?

冒頭でもお伝えしました通り、
以前は、売上につながりそうなキーワードで「とりあえずPPC広告を出稿していれば」
売上に繋がりました。

しかし、PPC広告も広く一般に知れ渡り、ライバルの新規参入によってクリック単価が
数倍に跳ね上がりCPA(顧客獲得コスト)が大幅に悪化している企業が後を絶ちません。


10,000円の商品を販売するのに、12,000円のCPA(顧客獲得コスト)がかかって
いれば赤字です。


CPA(顧客獲得コスト)を改善するには、ライバルサイト
よりも安い広告費で集客を行う必要があります。


そこで、我々が真っ先に実行することが、広告費の垂れ流しを
抑制することから始めます。


しかし残念ながら、PPC広告をうまく使いこなせていないがために
広告費を垂れ流しているケースがかなり見られます。

PPC広告の機能を知り、PPC広告を使いこなせていれば、
そもそも、CPA(顧客獲得コスト)は適正値で収まります。

PPC広告の「ある機能を知っていれば、広告費の垂れ流しを
防ぐことができた。」また、逆に「ある機能を知らなかったが
ために、本来獲得できたはずの見込み客を取り逃していた。」
といった機会損失も防ぐことができます。


これらは、全てPPC広告をうまく使いこなせていない。
ことによって引き起こされています。

運用者の力量によって、黒字にもなれば赤字にもなる。
それがPPC広告です。


PPC広告は、年々複雑になってきています。
YahooやGoogleなどの検索エンジン集客を行うにあたって
PPC広告のスキル向上は必須です。

この機会にぜひ、スキル向上に努めていただきたいと
思います。

運用代行業者へ依頼する前に、まずは自社で運用されることをお勧めいたします。

PPC広告の運用を広告代理店などの運用代行業者へ依頼する
方も増えています。限られた社内リソースを有効に活用
するためには、いわゆるその道のプロと呼ばれる方へ
依頼するのも一つの選択肢だと思います。

しかし、運用代行業者への依頼は、
一度、自社でPPC広告の運用を行ってからでも遅くありません。


なぜなら、PPC広告の運用代行のビジネスモデルが
月額広告費の10~20%の代行費用を徴収しています。
もう、おわかりの通り、月額広告費が増えれば増えるほど、
運用代行業者が儲かります。


運用代行業者の中には、意図的に広告費を多く消費させる等の
手法を実行している業者もあります。


将来的に運用代行を依頼するにしても、まずは自社でPPC広告を
運用しませんと「運用代行業者の言いなり。」になってしまう
可能性があります。

従いまして、1度は自社で運用してみませんと
自社にぴったりの運用代行業者を選定することはできません。

対象となる方

  • 自社のCPA(顧客獲得コスト)は、ビジネスモデルに見合っているのか?プロのアドバイスを受けてみたい。
  • 今までPPC広告を「なんとなく運用」していたので、アドバイスを受けてみたい。
  • 最新のPPC広告の出稿ノウハウを勉強してみたい。
  • PPC広告運用で費用対効果が下がっている方。
  • すぐにでもPPC広告を本格的に開始したい方。
  • 独学でPPC運用をやっていて、PPC広告運用に不安のある方。
  • PPC広告代理店に依頼したが、広告費ばかり上がって費用対効果が少ない方。
  • PPC広告代理店に代行してもらっているが、代理店の運用方法に不安がある方。

受講することで具体的に何が得られるのか?

全3回にわたる講座では、PPC広告の基本から応用に至るまで
幅広くお伝えいたします。また、すぐに現場でご活用いただけるよう毎回ワークを取り入れております。

その他、既に自社でPPC広告を運用されている方は、
アカウント状況を拝見して、課題のあぶり出しならびに
改善策等のアドバイスも行います。

第1回目講座の全体概要

1.PPC広告の基本
 1-1.PPC広告の役割
 1-2.PPC広告の構造
 1-3.マッチタイプ
 1-4.品質スコア

2.PPC広告の考え方
 2-1.売れるPPC広告文の5原則
 2-2.1広告グループ1キーワード
 2-3.CV測定と限界CPAの決定

3.アカウント設計
 3-1.ビジネス情報の把握
 3-2.キーワード収集とグルーピング
 3-3.広告文の作成

第2回目講座の全体概要

1.広告データ登録の流れ
 1-1.広告データ登録の流れ(Googleアドワーズ)
 1-2.広告データ登録の流れ(Yahooリスティング)

2.Googleアドワーズの広告データ登録
 2-1.Googleアドワーズ用のCSVデータ作成
 2-2.キーワードをタイトルインさせる広告タイトルの作成
 2-3.CSVデータ作成で役に立つエクセルのテクニック
 2-4.AdwordsEditorによるインポート
 2-5.スマートフォン用キャンペーンの作成
 2-6.ディスプレイ広告用キャンペーンの作成
 2-7.「選択した変更を元に戻す」に注意
 2-8.作成したキャンペーンの送信
 2-9.リマーケティング用キャンペーンの作成

3.Yahooリスティングの広告データ登録
 3-1.Yahooリスティング用CSVデータの作成
 3-2.Yahooリスティング用CSVデータのインポート」

第3回目講座の全体概要

1.PPC広告の運用
 1-1.PPC広告を運用する目的
 1-2.ダイレクトマーケティングの指標
 1-3.広告掲載開始直後のチェックポイント
 1-4.アカウント調整を始めるにあたって
 1-5.アカウント調整の第一歩
 1-6.除外キーワードの登録
 1-7.マッチタイプの調整
 1-8.広告文の見直し
 1-9.アカウント調整のポイント

2.効率的な運用
 2-1.管理画面での一括編集
 2-2.アドワーズエディタでの一括編集
 2-3.CSVデータでの一括追加登録
 2-4.インポート機能での一括編集
 2-5.管理画面の便利な機能

3.PPC広告運用管理チェックシート
 3-1.運用管理チェックシートの解説
 3-2.新規アカウント用チェックシートの作成
 3-2.チェックシートの月次作業

※上記講座内容は変更の可能性もあります

お客様の声

少人数のためほぼマンツーマンに近い状況で質問に答えていただけたので、
とてもわかりやすくモヤモヤしていた疑問が無くなりました。

株式会社BLILA代表取締役 高橋 博文 様

株式会社BLILA代表取締役 高橋 博文 様

・データーをアップしたばかりで具体的な数値はでていませんが、キーワードの選定や広告文作成で迷いが少なくなりました。

・データー作成で効率的な方法も教えていただけたので時間短縮でき、新規のキャンペーンや広告グループを追加するのが苦でなくなりました!



株式会社 BLILA
代表取締役 高橋 博文 様
http://www.blila.jp

受講した理由、講座に参加する前に、どんなことで悩んでいたか?
他のPPCセミナーや書籍など独学でPPC広告を行っていました。
自社で運用しているアカウントは、ニッチな業界のためそれなりに成果が出ていますが、さらに効果をあげるために何を基準に改善を行えばいいのか悩んでいました。

コンサルティングのクライアント様からPPCに関する相談も増えてきたため、もう少し的確なアドバイスができるようにしたいと思っていました。

講座に参加してみてどうだったか?
少人数のためほぼマンツーマンに近い状況で質問に答えていただけたので、とてもわかりやすくモヤモヤしていた疑問が無くなりました。PCで作業しながらのアドバイスもわかりやすかったです。

 

PPC広告運用実施後、ホームページ経由の売上が当日から増えるため、
顧客からの感謝される度合いも高い。

ハンズバリュー代表 島田 慶資 様

ハンズバリュー代表 島田 慶資 様

弊社顧客にPPCアカウント構築と運用を提供できるようになった。
現在、顧客の売上を増やし、弊社自身の売上増にも貢献してくれている。ホームページ製作会社のひとつの商品メニューとしては非常に優秀なものではないかと思う。PPC広告運用実施後、ホームページ経由の売上が当日から増えるため、顧客からの感謝される度合いも高い。さらに経験値を蓄積し、より顧客に貢献できるよう努力を続けたい。



ハンズバリュー
代表 島田 慶資 様
http://keitaihp.mobi/

受講した理由、講座に参加する前に、どんなことで悩んでいたか?
弊社ハンズバリューは、顧客の売上を増やすためのホームページ制作とコンサルティングを提供している。
さらなる集客手法を学ぶためFaber Companyが主催するSEOコンサルタント養成講座に出席した。講座の中でPPC広告に関する内容があった。セミナーで話を聞いた手法でアカウント構築を実践してみたが、Faber Company推奨の手法で正しく実践できているのか不安が大きかった。PPCアカウント構築と運用を新しい弊社の商品メニューに加えようと考えていた。しかし、顧客に提供したPPCアカウントが成果なしに終わってしまうことが恐ろしく、PPC広告の専門家に相談してみたかった。
なお、PPCの書籍は多くあるが、初心者向けの内容が多く、満足できる本はなかった。

講座に参加してみてどうだったか?
実務中心の内容で大変満足した。PPC広告を運用して成果をあげている方が講師なので具体的な施策をつっこんで聞けたのは大きな収穫であった。自習時間が長く設けられており、参加者は講師にPPCアカウント構築や運用の悩みをそのままぶつけることができた。他社の悩みのなかには自分が後々直面するような課題も含まれており、非常に勉強になった。(他社のセミナーではありえない成果だと感じている)

また、PPCアカウント構築や運用をサポートする資料を提供してくれたのもありがたい。これからPPCアカウント構築を商品メニューに加えようと考えていたのでとても助かった。

 

無駄クリックを排除するような広告文の作り方、
広告タイトルの書き方についてアドバイスを受けることができた。

須賀質店(株)代表取締役 須賀 兼一 様

須賀質店(株)代表取締役 須賀 兼一 様

10月から12月まで講義を受けて、前年同期間と比較してクリック率が0.62%⇒1.52%に改善した。
成澤さんにアドバイスをしていただいたキーワードを採用したところ、クリック率2.71%、クリック単価81円と、クリック率は平均以上、単価は平均以下のキーワードを多数発見することができた(平成24年9月からの平均クリック率は1.4%、 平均クリック単価は85円)



須賀質店(株)
代表取締役 須賀 兼一 様
http://www.sugashichiya.com

受講した理由、講座に参加する前に、どんなことで悩んでいたか?
PPC広告を自分で運用していたが、クリック率の低下⇒品質スコアの低下⇒広告順位の低下、といった悪循環に陥っていた。自社が求めているお客様以外の方からのクリックが多いと感じていて、無駄クリックを排除したいという思いがあった。
キーワードを増やしたいと考えていたが、成約に結び付くキーワードを自分で考えるのに限界があった。

講座に参加してみてどうだったか?
無駄クリックを排除するような広告文の作り方、広告タイトルの書き方についてアドバイスを受けることができた。
キーワードサジェストツールを使って、広告に使えそうなキーワードを一度に大量に獲得する方法をマスターできた。
アドワーズエディタを使って大量のキーワードを一度に管理画面に入力する方法をマスターすることができた。
マンツーマンに近い講義だったので、日ごろの悩みを直接聞いてもらえて解決に結びついた。(スマホのサイトが表示されない悩みがあったが、アドバイスしてもらい解決できた。)

アドワーズエディタを使って管理画面を操作できるようになったので、PPC広告のメンテナンスが楽にできるようになった。

 

PPC広告実践講座概要

開催日時 第1回 4月17日(木)12:00~15:00
第2回 5月1日(木)13:00~16:00
第3回 5月15日(木)13:00~16:00
※第1回の開催時間が1時間早くなっております。ご注意下さい。
会 場 株式会社Faber Company
〒107-0052 東京都港区赤坂2-14-4 森崎ビル4F →MAPはこちら
参加費 1回64,800円(税込)
※初回開始までに3回分(194,400円)をご一括でお願いします。(銀行振込)

講師紹介

成澤 透 (株)Faber Company PPC広告担当WEbディレクター

古澤暢央 (株)Faber Company 成澤 透 1998年、明治大学理工学部在学中にプログラミングと出会い、心ときめく。同時にインターネットにも出会い、ライフスタイルの変化に心躍る。

大学卒業後は、システムエンジニアとしてSIerに就職する。次第に、"自分の裁量で事を運ぶこと" に充実感を感じるようになりプロジェクトマネージメントに傾倒。
ISO9001(品質マネジメントシステム)、CMM(開発プロセス成熟度モデル )の審査を通じて、プロジェクトマネージメントの理論と実践を共に学ぶ。

インターネットの未来に惹かれ、6年間のシステムエンジニア時代に終止符を打ち、Webの世界へ。業界大手ネットイヤーグループの制作部隊ネットイヤークラフトにて、CMS(コンテンツマネジメントシステム)を利用した大規模Webサイトの構築に携わる。

システムエンジニアの経験、プロジェクトマネージメントスキルを活かし、より "自分の裁量で事を運ぶこと"
を実践できる場としてFaber Companyに入社。SEM(検索エンジンマーケティング)の世界にどっぷりと浸ることとなる。

複数の自社メディア運営、グループ企業のサイト立上げ・運営サポート等を3年間担当。
その経験を活かし、PPC広告運用代行・コンサルティングサービスを立ち上げる。

メッセージ
僕の仕事は「良いモノ、良いサービス、良い人を日本中、世界中に伝えること」 です。
その手段として、Webを使っています。Webの中でも、検索エンジンでの集客に特化しています。検索エンジンというのはYahooやGoogleのことです。

そして、その中でも検索結果に表示される広告での集客が僕の専門分野です。PPC広告や、リスティング広告と呼ばれています。検索結果に表示される広告は常に同じ広告が表示されるのではなく、検索するキーワードに関連する広告が表示される仕組みになっています。

僕らは検索キーワードは"質問"で、広告はその"答え"であると考えています。つまり、PPC広告を運用するということは無数の検索キーワード(質問)に対する無数の広告(答え)を用意し、管理するということになります。

それはとても手間暇のかかることですし、運用するにはテクニックが必要です。また、広告を管理するシステムは日々進歩している為、情報収集、新たな機能の習得も欠かせません。

そこで、本業に忙しくゼロからPPC広告のスキルを身に着ける時間もなく、また、身に着けたとしても運用に時間を割くことができない中小企業の皆様に代わって、PPC広告運用のお手伝いをさせて頂いています。

ただし、運用代行と言いましても、単に広告の出稿を代わりに行っているだけではありません。必ず、初めにお客様の目標を共有して頂きます。そして、目標達成に向けて一緒に問題を解決していくチームの一員のつもりで取組んでいます。

その為には、毎日、目標に対する進捗データを共有して頂いていますし、いくら広告が上手くいっていても、その先にあるホームページがユーザのニーズに対応できていないと最終的な成果には繋がりませんから、ホームページについての改善提案もさせて頂きます。

時にはホームページで請求でき、ユーザに送付される資料等についても、改善提案をさせて頂くことがあります。そんなPPC広告運用、ホームページの改善で は様々な情報、数値データの分析、あるいはユーザの気持ち、状況、行動を想像することから仮説を立て検証し、問題解決に繋げます。

そのプロセスではロジカルな思考とクリエイティブな発想とをバランスよく融合させることが必要不可欠であると、僕は考えています。そのバランスを欠かない為に「ロジカルにほほ笑み、クリエイティブに笑う。」というフレーズを胸に、僕は仕事をしています。

最後になりますが、この仕事をやっていて最大の喜びを感じるのはお客様が目標を達成でき、喜んで頂ける瞬間です。お客様の喜びにひとつでも多く立ち会えるよう、これからも仕事をしていきます。

PPC広告実践講座での講義テキスト一部抜粋

広告文8つのチェックポイント
広告文8つのチェックポイント
品質スコアについて
品質スコアについて
キーワード収集とグルーピング
キーワード収集とグルーピング

PPC広告の基本とアカウント設計
PPC広告の基本とアカウント設計
売れるPPC広告文の5原則
売れるPPC広告文の5原則
CSVデータ作成で役に立つエクセルテクニック
CSVデータ作成で役に立つ
エクセルテクニック

PPC広告データの登録
PPC広告データの登録
CV測定と限界CPAの決定
CV測定と限界CPAの決定
リマーケティング用キャンペーンの作成
リマーケティング用
キャンペーンの作成

PPC広告の運用
PPC広告の運用
広告掲載開始後のチェックポイント
広告掲載開始後の
チェックポイント
広告文の見直し
広告文の見直し

PPC広告実践講座風景

スカイプによる無料個別相談の様子
毎回、講師の成澤が受講者からの
質問にも丁寧にお答えします。
特典の無料個別相談の様子その1特典の無料個別相談の様子その2
数社限定のスクール形式で実施。
ほぼマンツーマンに近い状態で、ご受講いただけます。

特定商取引法に基づく表示

 販売者 株式会社Faber Company
 所在地 東京都港区赤坂2-14-4 森崎ビル4階
 代表 古澤暢央
 電話番号 03-5545-5230
 FAX番号 03-5545-5231
 E-mail seo@fabercompany.co.jp
 販売品目 PPC広告実践講座
 価格 1回:64,800円
 期間 2ヶ月
 代金以外に負担いただく費用 銀行振込手数料
 申し込み方法 本サイトのお申し込みフォーム
 申し込み期限 初回開始日の3日前までとします
 お支払い方法 ※初回開始日までに3回分(194,400円)を
  ご一括でお願いいたします。(銀行振込)
 お支払い期限 セミナー開始日の2日前までとします
 キャンセルについて その取り消す時期に応じてキャンセル料を当社へ支払うものとします。
開催日8週間前まで・・・受講料金の30%
開催日4週間前まで・・・受講料金の50%
開催日1週間前まで・・・受講料金の100%

申込みフォーム

必須貴社名
[例] 株式会社Faber Company
(個人の場合は、「無し」 とご入力ください)
部署名
[例] インターネット事業部
職位
[例] 部長
必須お名前
[例] 青山 

   太郎
必須フリガナ セイ
[例] アオヤマ
メイ
   タロウ
必須電話番号
[例] 03-5545-5230
必須メールアドレス
[例] seo@fabercompany.co.jp
必須確認のためもう一度
必須ホームページURL
[例] http://www.fabercompany.co.jp
必須目的のコンバージョン
[例] 購買、資料請求、体験予約
月額広告費 Yahooリスティング  円
Googleアドワーズ  円
[例] 20万円
必須どの辺でつまづいてるか?
(何に困っているのか?)
その他
必須この相談会を
お知りになったきっかけ
  • メルマガ
  • 知人の紹介
  • ブログ・ホームページ
  • 名刺
  • 新聞・雑誌
  • 検索エンジン
  • その他
必須送信確認

プライバシーポリシー」をご確認の上、「確認画面へ」ボタンをクリックしてください