内定者座談会

片山くんから金治くんへ「就職活動ではどんなことが大変だった?」

片山
「金治くんは、就職活動でどんなことが大変だった?」
金治
「具体的に企業にはどんな職種があるのかを知る作業がすごく大変でしたね。
僕は放送や広告の会社を中心に就職活動をしていたんです。ただ漠然と広告系と考えているなかで、Faber Companyの先輩と出会ってSEOという職種があることを教えていただいて、「あ、いいな」って感動を覚えました。
SEOってなかなか知られていない職種だけど、僕が大学で勉強したこととすごくあっていて。そんなこともあり、職種を知ることってすごく大変だけど大事なことだなと思いました。」
白瀧
「SEOと大学の勉強って、具体的にどんな部分が合ってるって感じたの?」
金治
「ゼミの研究内容が、インターネットの情報はどのように消費されているのかってことだったから、自分がこれまで勉強してきたこととFaber Companyの SEOっていう職種が合ってるなと感じて、応募したといういきさつです。」
白瀧
「そうなんだ。片山くんはどうだった?」
片山
「僕の場合、就活で一番大変だったのは、自分自身が本当は何がしたいのかを考えることでしたね。」
中本
「なるほど。じゃあ2人は、実際に就職活動をするときにどういう部分を意識していたの?」
金治
「就活の軸にしていたのは放送サークルでの経験です。僕は、人と喋ることやドキュメンタリーとかを撮るのが好きだったんです。取材やインタビューで普段は喋るのが苦手だっていう人たちが喋ってくれるのが嬉しくて、その気持ちを表現したりサポートできる仕事がしたいというのがありましたね。
それができるのは放送や広告しかない!って思い込んで、視野が狭まっていた時期もあったけど(笑)」
片山
「僕はビジネスを考えるのが好きっていうのが根本にありました。そこからコンサル・ITコンサルを受けていました。
それと同時に、新しいモノを作ったり考えたりするのも好きだったので、IT業界全般も視野に入れていましたね。」

金治くんから中本くんへ「最初にFaber Companyに興味を抱いたきっかけは?」

金治
「それじゃあ、中本くんがFaber Companyに興味を抱いたのは何がきっかけでしたか?」
中本
「プログラミングの勉強がしたくてインターンを探しているときに、たまたまFaber Companyを見つけて応募したのが出会いなんですよ。」
金治
「じゃあ最初から興味を持っていたわけじゃなかったんだね。」
中本
「うん。だけど面接をしてもらったときに“君はプログラミングよりも営業向きだよ”って言われて。すごく迷ったけど、その理由が的を射ていたんだよね。僕の性格や適正を見極めてくれたうえでのアドバイスだったからすごく的確で。
もちろんプログラミングに興味はあったけど、この人たちのもとで働いたら自分が成長できそうだなと思って、今は営業さんのアシスタントをしています。」
金治
「そうなんだ。インターンを始めるときから、Faber Companyに就職すると決めていたの?」
中本
「インターンに申し込んだ時点では、そもそも就職をするかどうかを決めてなかったけど、候補のひとつとしてFaber Companyを考えていたね。
実は、大学院への進路も決まっていたんだけど、インターンをしていくなかで“やっぱり自分の直感は正しかった!この人たちのもとで働くと自分は成長できる!”という思いが強くなって、入社を決めました。」
金治
「会社で出会った人の求心力によって、だね。」
山川
「求心力。いい言葉ですね。」
金治
「他の人はどういうきっかけで興味を持ちましたか?白瀧くんは、お姉さんの紹介って聞いたんだけど。」
白瀧
「そうですね、僕の場合は姉がFaber Companyで働いていたこともあって、そこから興味を持ったのがきっかけかな。そういえば、働き始めてから2年ぐらいになるんですよ。」
金治
「すごい!このなかで一番ベテランだね。」
白瀧
「そうだね、確かにいろんな経験ができたよ。ここで働けば、今まで以上にプラスな経験ができるなぁと実感したのも確かです。」
山川
「私はSEOをやってみたいと思っていて、SEO業界の人に第一人者の方を教えてくださいって言ったら、Faber Company会長の古澤さんの名前が挙がって。〝この会社ならSEOについてじっくり学べるよ〟と言ってもらったのでインターンに応募しました。」
金治
「うんうん、SEOで調べたら必ずFaber Companyの方の名前が出てきますよね。」

中本くんから山川さんへインターンをしたあと、ここで働こうと思った理由はなに?」

中本
「山川さんはインターンをしているときからFaber Companyへ入社するって決めていたの?」
山川
「インターンに応募したときは、そもそも就職ということ自体を意識していませんでした。」
中本
「じゃあ、入社を決めた理由は何かありますか?」
山川
「インターンでは、まずSEOがどんなものかっていう段階から入ったんだけど、会社の人たちにすごくお世話になりながらいろいろとやらせていただくなかで、感謝の気持ちがだんだん大きくなっていったんですよね。」
白瀧
「うんうんうん。」
山川
「いろいろな会社はあるけど、ここまでお世話になったのはFaber Companyだけだなと思ったし、この気持ちを何か形でお返しできたらなぁという思いがあって。
よく考えてみたら、これだけ会社のことや働いている人のことをわかってるというのは、すごく恵まれているなと思ったんですよ。
他の会社へという選択肢もあったけど、Faber Companyで働いてなにか形にしてお返しできればなという気持ちの変化があって、入社を決めました。」
金治
「白瀧くんもさっきから、うんうんって頷いてる(笑)。やっぱり同じ気持ちがある?」
白瀧
「そうそう、恩義だよね。すごく良くしてもらったし、ぜひFaber Companyにって期待してくれていたから、やっぱりその期待に応えたいという気持ちはあったよ。」
片山
「ちなみに、山川さんはどのくらいインターンしてたんですか?」
山川
「私は白瀧くんよりはあとに入ったから、1年半くらいかな。」
白瀧
「片山くんも、インターンを経験してから入社を決めたと思うけど、決め手は何だったの?」
片山
「社員さんから、一緒に働こうよとか、頑張っていこうとか、お誘いをいただいたことが大きかったと思います。
みんなも言っていたけど、会社に求められるってすごく嬉しいことですよね。それがFaber Companyで、その会社の方が自分を求めてくれるっていうことが嬉しかった。
他にも内定先はあったんですけど、そこからはコンタクトがあまりなくて。」
金治
「そうだよね。他社の面接だと、自己アピールとか決まった質問ばかりだけど、Faber Companyの面接って何時間でもいいから幼少時代のことから順番に話してくれる?というところから始まって、一人ひとりにしっかりと時間をかけてくれる会社だと思いましたよ。そして話したことをきちんと認めてくれる。
学生だからとか就活生だからという目線じゃなく、一緒に働くっていう視点で見てくれていた。そこが心を熱くさせるというか、Faber Companyで働きたいなという気持ちにさせてくれるんですよね。
みんなもそうだよね?」
片山
「僕たちの適性とか人間性を見てくれているよね。」
白瀧
「うんうん。ここの部分は本当に、ぜひ記事にしていただきたいですね(笑)。」

山川さんから白瀧くんへ「Faber Companyの雰囲気はどんなかんじ?」

山川
「では、白瀧くんに質問です。Faber Companyの雰囲気は、どんな感じですか?」
白瀧
「協力を惜しまない雰囲気ですね。例えば僕たちだけで解決できない問題があったとき、質問すれば的確な答えが返ってくるし、どうしたらいいかというアドバイスもしてくれる雰囲気が常にあります。
もちろん、インターン生でも成果に対する要求は結構高いです(笑)」
金治
「僕も、わからないことを聞くと必ず答えが返ってくるっていう安心感があります。だから仕事もやりやすいし、他人に迷惑をかけてるって思わせないような気配りをしてもらっていると感じますね。」
片山
「オフィスはどちらかというと静かだよね。」
山川
「うん。だから最初の頃はちょっと緊張したかな。
でも、毎日おやつタイムがあるから、コミュニケーションをとる機会はたくさんあると思うよ。」
片山
「スロットランチもあるしね。くじ引きで一緒になった人と何人かでご飯を食べに行くっていう。あれも、インターン生とか社員とか、部署関係なく話す機会を持てるので、良い取り組みだなと思います。」
金治
「そういう機会で上司の人たちとも普通に話すことができるから、新入社員にとってすごくいい環境だと思います。
前に会長の古澤さんが、社員を大切に思う気持ちを僕らにも持ってほしいということを仰っていたよね。僕らが上司になったときにも、新入社員にその気持ちを伝えていって、会社全体として仲間を大切にする風土を培って欲しいって。」
中本
「企業名とか年収も少なからず就職先を決める要因のひとつになるけど、そのなかでも社風はとても大切なポイントだと思う。」
金治
「技術はどこの会社でも教えてもらえるけど、価値観だとか人間性の部分も教育してくれるって感じさせてもらえるのは、Faber Companyだからこそだよね。」
全員
「その通り!」

白瀧くんから片山くんへ「Faber Companyでどんなことを実現したい?」

白瀧
「いよいよ4月からFaber Companyで働くことになるけど、片山くんはどんなことを実現したい?」
片山
「まずは、クライアントのためになりたいなという思いがありますね。
Faber Companyの事業の主軸であるSEOを通して、クライアントのWEB集客率を上げて、売り上げや利益を伸ばしたい。そして、クライアントから“ありがとう”という言葉をいただきたいな。
身近なところでいうなら、Faber Companyの方たちに期待してもらった分だけ応えたいし、信頼される人間になって、この会社のためになりたいという気持ちもあります。
もっと大きいことをいうなら、将来は新規事業を立ち上げたいなという想いがあるので、世の中の人に感謝されるようなサービスをもたらして、そこでもありがとうって言われたらいいなと。そういう意味では、“社会全体に貢献したい”っていうのが実現したいことですね。」
金治
「サービスを提供して感謝してもらう、というのが片山くんの成長の糧でもあり、軸になっている部分でもあるね。」
片山
「そうですね。やっぱり人に信頼されたときに一番の喜びを感じるんですよ。だから、最初はFaber Companyの人たちに信頼されるところから始めて、その先はクライアントの要求に応えることだったり、自分にしかできないことを社会に発信できたらなと思ってますね。」
白瀧
「実現したいことを上司に伝えたときに、じゃあ応援するぞ、そのために必要な技術は教えるぞっていう土台が、Faber Companyには用意されているよね。だから夢も持てるし、頑張りたいと思える。」
片山
「本当にそう思う。それが僕自身、Faber Companyを選んだ理由にもなっていますね。」

最後に、就活生へメッセージをお願いします!

片山

片山
「ファーストキャリアを選択する上で、自分が何をしたいのかっていうのを考え続けることが大切だと思います。そこがはっきりしないと、入社してからもその会社で働いている理由や目的がわからなくなります。
まずは、自分と見つめ合う時間をたくさん取ってほしいですね。給料や条件も大切だけど、それよりも熱中できて誇りを持てる仕事こそが天職だと思うので、そう思えるようになるためにもひたむきに頑張ってほしいなと思います。
そして、もしFaber Companyのやろうとしていることと、あなたのやりたいことが合致するなら、ぜひ共に働きましょう!」

金治

金治
「まずは自分に何ができるのか、何をしたいのかっていう視点と、それを踏まえた上で、どんな職種があるのか広い視野を持って探してほしいです。
そして、就職したい会社を見つけたら、その会社で自分のやりたいことができるのか、それを支援してくれる人たちや土壌はあるのかというのを見極めることがすごく大事だと思います。
僕も就職活動に難航した一人ですが、そうやって会社選びをしていけば、就活も楽しくなってくると思いますよ。」

中本

中本
「将来、自分がどう成長していきたいかを考えて、就職先を選ぶのが一番じゃないかなと思います。成長したい気持ちがあるなら、実践に勝る経験はないと思うので、多くの経験を積める機会を与えてくれる会社を選ぶと良いと思います。
そういう意味でもFaber Companyはすごくチャンスに溢れているし、成長につながるチャレンジができる場だと思います。」

山川

山川
「私が就職活動をする上で意識したのは、どこで働くかというよりも、誰と働けるかということです。それを考える上でも、インターンシップという制度はすごくいい機会になったなと思いました。
Faber Companyには、頑張れるフィールドが確実に用意されています。WEBを通していろんな知識を広めていきたいと思っているあなたを待っています!」

白瀧

白瀧
「Faber Companyはまだまだ成長段階で、まさに一人ひとりの力が会社を作っていく、という過程にあります。新しい事業もたくさん立ち上げられているなかで、与えられる責任や個人の裁量はもちろん大きいけれど、その分大変かもしれません。
しかし、若いうちから活躍できるフィールドを求めているなら、Faber Companyはピッタリの場所だと思います。就活生の皆さん、頑張ってくださいね!」

Interview/ 社員・インターン生の活躍
  • 01取締役 CCO山田 明裕
  • 02営業部 部長月岡 克博
  • 03SEO部 部長代理小丸 広海
  • 04検索エンジン
    集客コンサルタント
    田中 宏典
  • 05コンテンツ
    ディレクター
    岡村 眞友子
  • 062016年度新卒社員中本 俊一
  • 072016年度新卒社員片山 翔仁
  • 08学生インターン白瀧 一成
  • 09学生インターン山川 秀美
  • 10ライター
    (外部ブレーン)
    細井 安弥
  • 01取締役 CCO山田 明裕
  • 02営業部 部長月岡 克博
  • 03SEO部 部長代理小丸 広海
  • 04検索エンジン
    集客コンサルタント
    田中 宏典
  • 05コンテンツ
    ディレクター
    岡村 眞友子
  • 062016年度新卒社員中本 俊一
  • 072016年度新卒社員片山 翔仁
  • 08学生インターン白瀧 一成
  • 09学生インターン山川 秀美
  • 10ライター
    (外部ブレーン)
    細井 安弥
PAGE TOP