みずほ銀行カードローンの評判や口コミを徹底解説

サイトマップ
カードローン110番 > 銀行系カードローン > みずほ銀行カードローンの評判や口コミを徹底解説
監修:國弘 泰治
國弘泰治

経歴
MBA・FPオフィスALIVE代表
2011年4月大手流通企業入社するも3か月で退社する
2011年7月実家の酒造会社で販売部門へ入社し、同年9月に店長となる
2014年9月酒造会社を退職し、福岡の投資マンション販売企業に入社し、1年半で退職する。
その後フリーターをしながら、FP資格を取得し、2017年10月にFPオフィスALIVEを開業し、2021年4月に事務所名がMBA・FPオフィスALIVEとなり、現在に至る。

取得資格
MBA(経営学修士:2011年)、2級ファイナンシャルプランニング技能士、AFP(日本FP協会)、日本学生支援機構認定スカラシップアドバイザー

ホームページ
https://fp-office-alive.amebaownd.com/

みずほ銀行カードローンの評判や口コミを徹底解説

みずほ銀行のカードローンは、実質年率の低さと、借入可能額の大きさが口コミで評判です。

みずほ銀行カードローンの金利は、年2.0%~14.0%となっています。

ATMはみずほ銀行のほか、セブン銀行を筆頭とするコンビニが利用できます。コンビニ対応しているローンは、深夜・早朝の急な出費にも対応できます。

お金は急に必要になるもので、手持ちの金額だけでは不足することが多いのです。ローンカードを1枚持っておくだけで、万が一のときにありがたみがわかるのです。

ローンを利用するときは、借りたいときに借りられること、誰にもバレずに借りられることが重要となります。

そのために最適な方法は、コンビニATMによる利用なのです。コンビニATMには多くの金融機関が入っているため、ローンの利用だと特定されないのです。

何度も利用する方ほど、プライバシーにこだわる必要があります。一度バレてしまうと、言い訳ができないのです。

バレずに借りるためには、WEB完結できるローンにしましょう。来店・郵送も不要なので、家族に知られる心配はありません。

取引状況は、インターネット残高照会サービスにログインして確認できます。店番号、取引種類、パスワードなどを入力する必要があるので、家族に見られることはありません。

最大ご利用限度額は800万円

最大ご利用限度額は800万円を設定し、他社の高額ローンを利用している方、複数社から借りている方に最適です。

申し込みで必要な収入証明は、極度額50万円までは不要となります。融資は最短で2~3営業日対応で、来店する必要はなくWEB完結ができます。

郵送書類も送付されないので、家族に利用を知られる心配もありません。カードには、カードローン専用カードのほか、キャッシュカード兼用型があります。

なお、みずほ銀行の口座、カードローン口座がなくても最短2~3営業日対応で結果の回答を受けることができます。

多彩な返済方法を用意

返済方法も数多くあり、自動引き落とし、任意返済、みずほダイレクトなどがあります。返すための時間・手間を解消したい方には、自動引き落としで引き落とし日に引落してもらいましょう。

任意で返す方法は、返済日以外に返したい場合におすすめです。利息を減らしたい方は、毎月の指定日以外にコツコツと返すといいでしょう。

追加で返すほど利息は減り、完済までの総支払額も減るのです。早く完済するコツは、毎月の返済金額を大きくすること、そして追加で入金することです。

ローンの実質年率は借りている金額に対して発生するので、借入額を減らすほど利息も減る仕組みです。みずほダイレクトは、パソコン、携帯、スマホ、固定電話から返すことができます。


申込みはこちら

レイクALSAの詳細はコチラ >>

プロミスの詳細はコチラ >>