MENU

経営理念ver1.0

  1. 経営理念ver1.0
COMPANY

経営理念ver1.0

CI(コーポレートアイデンティティ)

「Faber」はラテン語で「職人」の意であり、「Faber Company」とすることで「職人と仲間たち」を意味しています。ロゴマークの文字を横断している赤い線は言葉を紡(つむ)いでいる様子、「職人と仲間たち」の強い結束力や信頼感を表現しています。タグラインの「言葉を磨く、絆を紡ぐ」には、 「ことば」をつむいでいく”=綿から繊維を引き出して縒(よ)りをかけて糸を作るように、多数の関連語から重要なものを抽出し、職人の技で丹念に手をかけてひとつのWebサイトを形成していくと、これまでの検索でフォローできなかった、潜在的ニーズを持つ新しいユーザーに出会える、という意味が込められています。

私たちの使命

職人の技とテクノロジーで、発見とソウゾウ(想像・創造)を提供する
私たちの原点は、職人による技磨きの追求にある。そのノウハウと知見をテクノロジーに落とし込み、仕事の醍醐味である「発見とソウゾウ(想像・創造)」に満ちたプロダクトを提供する。

知の流通構造を変え、商いを進化させる
職人の経験や感性に基づく「暗黙知」の見える化と、多くの知識・ノウハウを一つに昇華させた「集合知」の活用。この2つによって商人の活動を支援し、市場創造を促進する。

私たちの価値観

見つける つなげる どう変える
日々の活動から意志をもって気づきを得よう。先駆者と自らつながり、その知見をまだ見ぬ価値へつなげよう。発見者自身が「当事者」として改善策を見出し、実践する姿勢を忘れてはならない。批判ではなく、創造をもって社会に貢献する人間になろう。

異能、異端を和える
異能=優れた能力と、異端=型にはまらない発想は、進化の原石だ。メンバーが相互に魅力を引き出し合い、野性味を残したまま一つにまとまるからこそ、「余人をもって替えがたい仕事」は成し遂げられる。

究極解から発想する
限界とは先入観に過ぎない。すべての制約を前提から外し、まず最上の理想地点(究極解)から発想しよう。私たちの都合を捨て、ユーザーが沸き立つ理想の実現に情熱を注ごう。

私たちの浪漫

初・発・一の精神
人真似はしない。
【初】=業界初、日本初
【発】=発信元、発売元
【一】=一番、唯一
の精神をもって進化を続ける。

Made in Japanを世界に
日本発、世界へ。
“Made in Japan”の職人技で世界をよりよい場所にする。

PAGE TOP