HOME  お金借りる  即日で借りる即日でお金を借りるために必要な準備 審査の甘さに関係ない方法も紹介

即日で借りる
即日でお金を借りるために必要な準備 審査の甘さに関係ない方法も紹介

即日でお金を借りるために必要な準備 審査の甘さに関係ない方法も紹介

この記事は即日でお金を借りたい人に向けて書きました。

誰もができるだけ審査が甘いところで借りたいと考えると思います。

では、審査が甘い消費者金融は実際にあるのでしょうか?

大手消費者金融から中小消費者金融まで、消費者金融の借りやすさについて、即日融資の対応可否も合わせてランキング形式で紹介します!

また、消費者金融以外で即日お金を借りる方法についても解説します。

即日でお金を借りるための準備一覧

即日でお金を借りるために必要な準備 審査の甘さに関係ない方法も紹介

即日でお金を借りるのにおすすめなのは消費者金融です。

消費者金融はしっかり準備すれば、即日融資に対応してくれるところが多いのです。

まずは、即日融資に必要な準備についてまとめました。

Webか自動契約機で申し込めるところを選ぶ

即日融資で大切なのはスピードで、申し込んでからの処理が早いのがWeb申し込み自動契約機です。

そのため、Webか自動契約機のどちらかに対応している消費者金融を選びましょう。

プロミス・アコム・アイフルの大手消費者金融ならいずれも対応しており、中小消費者金融も多くが対応しています。

必要書類を用意する

消費者金融の申し込みに必要なのは、本人確認書類と収入証明書です。

本人確認書類は、運転免許証が一般的です。

収入証明書は必要とは限らず、申し込み条件によって消費者金融から提出を求められます。

必要書類をあらかじめ準備しておくことで申し込みのロスをなくし、審査から融資までスムーズに進めることができます。

たとえばプロミスで50万円未満の借入であれば、免許証か、パスポートか、保険証+住民票、があればOKです。

必要書類提出条件有効な書類(いずれかです)
本人確認書類必須運転免許証
パスポート
健康保険証+住民票(来店契約のみ)
収入証明希望限度額50万円以上になる場合源泉徴収票
確定申告書
税額通知書
プロミスの希望限度額と他の貸金業者の借入合計が100万円以上になる場合所得(課税)証明書
給与明細書(直近2か月分)+賞与明細書(直近1年分)

平日の午前中までに申し込む

消費者金融は24時間365日申し込みを受け付けていますが、即日融資を希望するなら平日の早いうち、具体的には午前中には申し込みを済ませましょう。

銀行の営業時間である15:00までに入金処理を間に合わせるためです。

借入希望額は最低限に抑える

借入希望額が高いほど、消費者金融は慎重に審査を行うようになります。

場合によっては追加で書類の提出を求めてきたりするため、それだけ審査に時間がかかってしまうのです。

あまり高い金額を申し込まないことが大切です。

在籍確認に対応できるタイミングを決めておく

在籍確認は、申込者が職場で確かに働いているかを消費者金融が確認する作業です。

原則として必ず行われるので、事前にいつ確認が行われるかのタイミングを決めておけばスムーズに対応できるので、即日でお金を借りるための大きなポイントになります。

在籍確認について詳しくは「中小キャッシングでも在籍確認なしの会社はない…在籍確認をスムーズにクリアするには?」をご覧ください。

即日で借りやすい消費者金融ランキング

即日でお金を借りるために必要な準備 審査の甘さに関係ない方法も紹介

大手消費者金融から中小消費者金融まで、即日でお金を借りるのにおすすめの消費者金融会社をランキングにまとめました。

キャッシング会社審査通過率
プロミス37.6%(2021年4月)
アコム41.2%(2021年4月)
アイフル38.1%(2021年3月)
レイクALSA35.1% (2021年3月)
SMBCモビット非公開
中小消費者金融約10%

参考:プロミス「月次データ」、アコム「マンスリーレポート」、アイフル「月次データ」、レイクALSA「決算・ビジネスハイライト」、中小消費者金融:当サイト調べ。

プロミス・アイフル・アコムの大手消費者金融3社がおすすめ上位で、SMBCモビットやレイクALSAなどが続いていることから、即日で借りるなら大手消費者金融という結果になりました。

ランキング項目の解説

ランキングの順位を決める材料の項目について解説します。

最短融資時間とは

申し込んでからお金を受け取れるまでの最短時間です。

どの消費者金融も60分以内に収まっており、時間だけみれば大きな差はありません。

ただしこれは理想の最短時間であって、個別の審査状況で変わります。

大手消費者金融ほど審査の手順がシステム化されており、また大量の申し込みを処理する体制が整っていることから、大手消費者金融ほど最短融資時間に近いスピードで借りやすいといえるでしょう。

審査通過率とは

申し込み総数のうち、融資が実行された数の割合です。

ランキング上位の大手消費者金融は40%代なのに対して、ランキング下位の中小消費者金融は10%を切っています。

中小消費者金融より大手消費者金融の方が融資を受けることができた人が多いことがわかります。

ランキングから読み取れること

このランキングで大手の消費者金融の方が即日でお金を借りやすいことがわかりました。

それ以外には、どんなことが読み取れるのかを解説します。

多くの消費者金融が即日でお金を借りられる

即日融資自体は、中小消費者金融も対応しています。

・Webか自動契約機で申し込めるところを選ぶ
・必要書類を用意する
・平日の午前中までに申し込む
・借入希望額は最低限に抑える
・在籍確認に対応できるタイミングを決めておく

上記の準備を整えておけば、中小消費者金融でも即日でお金を借りられる可能性が高まります。

上位の消費者金融から申し込んで、審査に落ちてしまったら、同じ準備で中小消費者金融に申し込んでみましょう。

大手消費者金融も中小消費者金融も審査なしの消費者金融はない

審査を行わずお金を貸してくれる消費者金融はありません。

もし審査なしで借りられるところがあったら、それは闇金と呼ばれる違法業者の可能性が高いです。

大手消費者金融と中小消費者金融では審査の手法が異なるため、それが審査通過率に反映されているといえます。

大手消費者金融は大量の申し込みを素早く処理するために、今までの融資実績を蓄積したデータベースに照会をかけて機械的に処理しています。

それに対して中小消費者金融は、審査担当者が判断しているため、システムが処理する大手消費者金融よりも厳しめな判断になるケースもあるようです。

その結果、中小消費者金融の審査通過率が低くなっているといえます。

中小消費者金融の審査は甘くなく借りやすいとはいえない

大手消費者金融に比べて中小消費者金融の方が審査が甘いというイメージを持っている人は多いようですが、データを見るとその認識は間違っているといえます。

中小消費者金融は大手に比べて貸し倒れのリスクを取れないので、どうしても審査が厳しめになってしまう傾向があります。

そのため、消費者金融でお金を借りるときは、まずは大手消費者金融に申し込んでみるのが効率のいい方法といえます。

即日でお金を借りるために準備が必要な理由

即日でお金を借りるために必要な準備 審査の甘さに関係ない方法も紹介

即日融資を受けるためには、申し込みから契約、審査、融資の流れをスムーズに進める必要があるので、事前の準備が大切です。

一連の手続きをロスなく進めることで、即日でお金を借りられる可能性が高まります。

Webや自動契約機は申し込み手続きがすぐに終わる

Webサイトからの申し込みや自動契約機を利用すれば、申し込み情報がすぐに消費者金融側に伝わるので、速やかに審査を行うことができます。

電話はスムーズにつながればいいですが、コールセンターが混み合っていると待たされてしまいます。

郵送だと書類が消費者金融に届くまで最低1日はかかるため、その時点で即日融資はできません。

午前中に申し込めば銀行の営業時間内に間に合う

銀行振込で借りる場合、銀行の営業時間内に融資が実行されなければ、即日で借りることができません。

銀行の営業時間は15:00までなので、それより前に申し込み手続きを済ませる必要があります。

最短30分で融資可能としている消費者金融でも、14:30に申し込むのは間に合わない可能性の方が高いでしょう。

できるだけ時間に余裕があった方が対応の確実性が高まるため、午前中には申し込み手続きを済ませるのが理想的です。

借入希望額が高いと審査に時間がかかる

借入希望額が高い申込者は、それだけの返済能力があるかきちんと審査する必要があります。

提出書類に収入証明書が必要になったり、時間をかけて審査を行ったりといったことになるため、即日融資のハードルが上がるのです。

借入希望金額を最低限必要な額まで抑えることが、即日でお金を借りるために大切です。

在籍確認は審査に欠かせない手順

消費者金融の申し込みで必要な情報に、現在の勤務先があります。

在籍確認は申込者が確かにそこで働いているかを消費者金融が直接チェックする作業です。

在籍確認を通して申し込み情報に間違いや偽りがないかチェックするとともに、きちんと働いて収入があるかどうかも確認できる効果があります。

在籍確認は原則として必ず行われる作業で、職場に電話がかかってきます。

また、一部の消費者金融は電話以外の方法でも在籍確認を行っています。

借りたい日に会社が休みの人もたくさんいますので、申し込む際に伝えておくことで、大手消費者金融は柔軟な対応が可能です。

即日でお金を借りるのにおすすめの消費者金融

即日でお金を借りるために必要な準備 審査の甘さに関係ない方法も紹介

実際に即日でお金を借りるのにおすすめなのは、ランキングの上位にある大手消費者金融です。

特にプロミス・アイフル・アコム の3社は審査スピードが早く審査通過率も高いのでおすすめです。

1位プロミス
融資額500万円まで
金利4.5~17.8%(実質年率)
即日融資の可否
特典
  • 30日間の無利息サービス
  • 10万円分の選べるプレゼント抽選
  • WEB完結申し込みアリ

プロミスは初回利用時に30日間の無利息サービスがついてきます。

つまり、お金を借りても次の給料日までに返すことができれば、利息はゼロ円!

そのうえ、大手消費者金融の中では最高金利がやや低い設定となっているため、少額の借入れ希望なら選んでおいて間違いなしのカードローンです。

プロミス 新キャプチャ

ボタン

2位:アイフル
融資額800万円まで
金利3.0~18.0%(実質年率)
即日融資の可否
特典
  • 30日間の無利息サービス
  • 最高10万円分のVプリカギフト抽選
  • WEB完結申し込みアリ

アイフルはプロミスよりも金利がやや高いものの、30日間無利息サービスはついています。

そのため、30日以内に借りたお金を返済できるようであれば魅力は大きいと言えます。

アイフル キャプチャ

ボタン

3位:アコム
融資額800万円まで
金利3.0~18.0%(実質年率)
即日融資の可否
特典
  • 30日間の無利息サービス

アコムも30日間の無利息サービスはありますが、大手消費者金融の中では、唯一「WEB完結申し込み」に対応していないのが気になるところ。

インターネットから申し込んだとしても、最終的にカードは自動契約機(むじんくん)や店頭で受け取るか、自宅に郵送してもらわなくてはいけません。

そのあたりを気にしないようであれば、利用中のサービスは手厚いため、おすすめです。

アコム キャプチャ

ボタン

審査なしで即日お金を借りられる方法

即日でお金を借りるために必要な準備 審査の甘さに関係ない方法も紹介

消費者金融でお金を借りる以外にも、即日でお金を用立てする方法があります。

消費者金融は審査に通らないとお金を借りられませんが、これらの方法はほぼ確実に借りられるのがメリットです。

クレジットカードのキャッシング枠で借りる

クレジットカードには買い物の支払いで使えるショッピング枠のほかに、お金を借りられるキャッシング枠があります。

キャッシング枠は、決められた金額内なら審査なしですぐにお金を借りることができます。

ただし、返済方法が一括またはリボ払いのどちらかに限定されているカードが多いので、返済計画をきちんと立ててから利用しましょう。

クレジットカードのキャッシングについて詳しくは「キャッシングとは何か-クレジットカードのキャッシングの全て!」をご覧ください。

まとめ

この記事で紹介した即日でお金を借りる方法は、以下の3つです。

・消費者金融で即日融資を申し込む
・クレジットカードのキャッシング枠で借りる

即日融資をしてくれる消費者金融は大手消費者金融から中小消費者金融まで多いので、利用しやすいのがメリットです。

審査は特別甘いところはなく、大手消費者金融よりも中小消費者金融の方が審査通過率が低いことから、中小の方が審査が厳しいといえます。

やはり大手消費者金融が即日でお金を借りやすいため、おすすめです。