HOME  クレジットカード部  楽天カード楽天プレミアムカードのメリットは?1人旅行&楽天利用者におすすめのカード

楽天カード
楽天プレミアムカードのメリットは?1人旅行&楽天利用者におすすめのカード

この記事は、「楽天プレミアムカードは何がいいのか知りたい」という疑問を持つ方に向けて書きました。

  • 楽天プレミアムカードに興味があるけど、どんなメリットがあるの?
  • 楽天プレミアムカードは旅行者におすすめと聞いたけど、自分に合っているの?

楽天プレミアムカードについて、こんなことが気になっている方は多いのではないでしょうか?

そこで、この記事では楽天プレミアムカードの「おすすめな人」「メリット・デメリット」などについて解説していきます。

楽天プレミアムカードは1人旅行者&楽天市場利用者におすすめ

楽天プレミアムカードは、年会費10,800円のクレジットカードです。

頻繁に1人旅に行き、さらに楽天市場をよく利用している方に大きなメリットがあります。

その理由は以下の通りです。

  • 国内外の空港ラウンジを無料で最大限使える
  • 旅行関係の保険が充実している
  • 楽天市場だと最大倍率ポイント5倍

どんなカードなのか、さらに詳しく楽天プレミアムカードを解説していきましょう。

楽天プレミアムカードなら国内外空港ラウンジを無料で最大限使える

楽天プレミアムカードなら国内外の空港ラウンジを無料で最大限活用できます。

  • プライオリティ・パスを無料で発行できる
  • 国内ラウンジを無料で活用できる

プライオリティ・パスを年会費無料で作成できる

楽天プレミアムカードは、プライオリティ・パスを無料で発行できます。

プライオリティ・パスとは、空港ラウンジでサービスを受けられるカードのことです。

プライオリティ・パスで受けられるサービス一覧

プライオリティ・パスを持っていると、空港ラウンジでこんなサービスを受けられます。

  • ビュッフェなどの食べ放題や、飲み物が飲み放題
  • マッサージチェアなどでくつろいで過ごせる
  • シャワールームを使えるところもある

対象の空港ラウンジも、なんと世界143か国500以上の都市や地域、1,200か所以上の空港ラウンジと豊富です。

ただし、プライオリティ・パスの発行は、楽天カード会員専用オンラインサービス「楽天e-NAVI」から申し込む必要があります。

またプライオリティ・パスが届くのは、申込み後、約2週間後となります。

楽天プレミアムカードで発行できるプライオリティ・パスは最高ランク待遇

楽天プレミアムカード発行のプライオリティ・パスだと、もっともランクの高いプレステージ会員と同じサービスを受けられます。

プライオリティ・パスの3つのランクは、このようになっています。

会員ランク年会費ラウンジ利用料金
スタンダードUS$99
  • 会員:US$32
  • 同伴者:US$32
スタンダード・プラスUS$299
  • 会員:無料利用10 回、その後の利用US$32
  • 同伴者:US$32
プレステージUS$429
  • 会員:全て無料
  • 同伴者:US$32

プレステージ会員の年会費は、通常だとUS$429(日本円で約46,000円)必要です。

しかし、楽天プレミアムカードだとプレステージ会員が無料になります。

国内の空港ラウンジでも無料で活用可能

プライオリティ・パスだけではありません。

楽天プレミアムカードがあると、国内29空港、海外2空港のラウンジも無料で使えます。

楽天プレミアムカードを持っているだけで、ラウンジでくつろげるので、よく国内出張するビジネスマンにとってありがたい存在です。

楽天プレミアムカードは国内外の旅行保険なども充実

楽天プレミアムカードには、3つの保険が自動付帯されており、充実しています。

保険主な補償内容
海外旅行傷害保険傷害死亡・後遺障害最高:5,000万円
国内旅行傷害保険傷害死亡:5,000万円
動産総合保険(ショッピング保険)補償限度額:年間300万円まで(自己負担額1回3,000円)

対象:楽天プレミアムカードで「1個1万円以上」「購入から90日以内」の商品

海外だと医療費が高額になる地域も多いため、とくに海外旅行保険は心強い存在になってくれるでしょう。

楽天プレミアムカードだと海外旅行者へのサポートが他にも充実

楽天プレミアムカードには、海外旅行者へのサポートとしてこんなメリットもあります。

  • トラベルデスクで現地デスクが現地情報など旅のサポート
  • 3種類の優待サービス(楽天市場・エンタメ・トラベル)から1つ選べる
  • 楽天2ポイントをANA1マイルに交換できる

それぞれ解説しましょう。

トラベルデスクで現地デスクが現地情報など旅のサポート

世界38拠点で、旅のサポートをしてくれる現地デスクがいます。

現地の観光情報やレストランなどの予約・手配だけでなく、パスポート・カードの紛失・盗難時の対応などもします。

楽しい旅の思い出作りに、一役買ってくれることでしょう。

3種類の優待サービス(楽天市場・エンタメ・トラベル)から1つ選べる

楽天プレミアムカードには、楽天市場・エンタメ・トラベルと3種類の優待コースがあります。

優待コースサービス内容おすすめな方
楽天市場コース毎週火曜日・木曜日に楽天市場で買い物するとポイント1倍加算普段楽天市場でよく買い物をしている方
エンタメコース楽天ブックスとRakuten TVを利用すると各ポイント1倍加算映画や音楽が好きな方
トラベルコース
  • 楽天トラベルを利用すると、ポイント1倍加算
  • 手荷物宅配サービス
  • 国内宿泊ご優待サービス
よく旅行に行く方

楽天プレミアムカード自体が旅行者向けということもあり、3種類の中ではトラベルコースがもっともおすすめです。

楽天2ポイントをANA1マイルに交換できる

楽天プレミアムカードで貯めた楽天スーパーポイントは、2ポイントにつきANA1マイルに交換できます。交換は50ポイントからです。

マイルを貯めると、特典航空券などに交換可能です。

楽天プレミアムカードのその他おすすめのメリット一覧

楽天プレミアムカードには、ポイント倍率や、その他こんなメリットもあります。

  • 楽天市場利用で最大5倍&新規入会などでポイントを豊富に獲得できる
  • ETCカードの付帯は年会費無料
  • 楽天プレミアムの会費(3,900円)が1年間無料
  • 楽天1ポイントを楽天Edy1円分に交換できる

それぞれ解説しましょう。

楽天市場利用で最大5倍&新規入会などでポイントを豊富に獲得できる

ポイント倍率と、新規入会でもらえるポイントはこのようになっています。

  • 楽天市場のスーパーポイントアッププログラム(SPU)でポイント倍率最大5倍
  • 新規入会で最大13,000ポイント進呈
  • 誕生月に楽天市場などで買い物をすると+1倍進呈
  • 楽天ポイント加盟店で使うと最大3倍

使うほどに、ザクザク貯まっていきます。

新規入会でもらえるポイントは、時期によって変動します。多いときを見計らって入会するのがおすすめです。

ETCカードの付帯は年会費無料

楽天カードだと、ETCカードの付帯は年会費540円ですが、楽天プレミアムカードだと、年会費無料で付帯できます。

楽天プレミアムの会費(3,900円)が1年間無料

楽天プレミアムカードは、(※)楽天プレミアムが1年間無料で使えます。

(※ 楽天市場の送料分相当をポイント還元するなどのサービスがある。通常年会費3,990円)

ただし自動継続ではないので、継続(有料)するには手続きが必要です。

楽天スーパーポイントの1ポイントを楽天Edy1円分に交換できる

楽天市場などで貯まった楽天スーパーポイントを、1ポイントから楽天Edyに1円で交換可能です。

小銭を持たなくて済むので、お会計がスムーズになります。

【注意】楽天プレミアムカードでここだけは気を付けたい点

ここまで楽天プレミアムカードのメリットを解説してきましたが、デメリットもあります。解説しましょう。

プライオリティ・パスは本人のみで同伴者は使えない

プライオリティ・パスを使えるのは、所有者本人のみで同伴者は使えません。

同伴者は別途3,300円(税込)必要です。

プライオリティ・パスは国内では使える場所が限られている

日本国内でプライオリティ・パスが使える空港と場所は、4空港11か所です。

国内空港のメインでもある羽田空港でも使えません。

国内では使える空港が限られるため、「海外がメイン」と考えておくといいでしょう。

プライオリティ・パスは自動更新ナシ&デジタル会員証が使えない

プライオリティ・パスの有効期限は2年間です。

自動更新はないので、有効期限が近付いたら、再申し込みしなくてはなりません。

また、楽天プレミアムカード発行のプライオリティ・パスだと、デジタル会員証がありません。

スマートフォンで表示できないので、常にプライオリティ・パスのカードを持ち歩く必要があります。

保険は家族特約がなく本人のみしか使えない

楽天プレミアムカードの保険は、家族特約がないので本人しか使えません。

家族も一緒に保険に入れたいのなら、別の保険を探しましょう。

年会費10,800円必要なので元を取るのが少し大変

楽天プレミアムカードは、年会費に10,800円かかります。

元を取るには、年間約50万円~100万円は買い物をする必要があります。

ポイント以外のメリット(空港ラウンジの利用など)で、上手に使わなくてはなりません。

楽天ポイントに対してANAマイルの交換率が低め

楽天プレミアムカードは、楽天ポイント2ポイントに対して、ANA1マイルの交換率です。

500ポイント貯まったとしても、ANAマイルに交換すると250ポイントに半減します。

ANAマイルの交換目的より、別メリットで楽天プレミアムカードを使うといいでしょう。

期間限定ポイントだと有効期限が短い&EdyチャージもANAマイル交換もできない

期間限定ポイントとは、入会キャンペーンや楽天スーパーSALEのときなどにもらえるポイントです。

有効期限は長くて約一ヶ月と、短いのが難点です。

くわえて、楽天Edyにチャージもできませんし、ANAマイルにも交換できません。

うっかりしていると期限切れになりますし、用途も限られるので注意しましょう。

楽天プレミアムカードの審査を口コミから解説

結論、楽天プレミアムカードの審査は厳しいです。

実際に審査通過した人の口コミを集めましたので、ご覧ください。

どんな人が審査通過できたのか口コミ紹介

楽天プレミアムカードに審査通過できた方の口コミをいくつか集めました。

「30代で専業主婦です。楽天ゴールドカードにした1か月後に、楽天プレミアムカードに切り替えました」

「30代会社員です。普通の楽天カードでしたが、年会費無料キャンペーンをやっていたので楽天プレミアムカードに申し込みました」

専業主婦でも切り替えでプレミアムカードをつくれているのがポイントです。

ますは楽天カードで実績を積んでから、プレミアムカードへ移行すると良いでしょう。

楽天カードから実績を積んでプレミアムカードにしよう!

楽天カードだと、楽天プレミアムカードほど審査が難しくありません。

簡単に実績を作れるので、審査落ちする可能性が減ります。

着実に実績を積んでから、ぜひとも楽天プレミアムカードに申し込みましょう。

楽天 キャプチャ

ボタン

楽天カード ポイント

【補足】楽天プレミアムカードとゴールドカードの違いを解説

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカード、どちらも似たような印象ですが、何が違うのでしょう?

違いを比較しました。

会員ランク楽天ゴールドカード楽天プレミアムカード
年会費2,160円(税込)10,800円(税込)
利用可能額最高200万円最高300万円
ポイント倍率楽天市場で最大5倍楽天市場で最大5倍
特典
  • 空港ラウンジの利用(年間2回まで無料)
  • プライオリティ・パス無料発行
  • 空港ラウンジの利用
  • 3種類の優待コース
  • 海外トラベルデスク など
保険海外旅行傷害保険(最高2,000万円)
  • 海外旅行傷害保険(最高5,000万円)
  • 国内旅行傷害保険(最高5,000万円)
  • 動産総合保険(最高300万円)
見た目薄めゴールド濃いゴールド

旅行に行かない人は楽天ゴールドカードの方がおすすめ

楽天ゴールドカードは、特典こそ楽天プレミアムカードより少ないのですが、その分年会費も安くすみます。

そのため、頻繁に旅行に行くわけではない方は、おすすめのカードでしょう。

また、切り替えも可能なので、楽天プレミアムカードの前段階として楽天ゴールドカードを持っておくのもありです。

監 修

小河 俊紀

    1972年富山大学経済学部経済学科卒業。(株)日本クレジットビューロー(現ジェーシービ)入社。カード基幹業務全般に従事。総務部調査役。1990年ヤマハ(株)入社。製造・卸・小売業における顧客囲い込み戦略推進。2008年に経営コンサルCard Seekを創業。現在に至る。すごいカードにて「マネーの未来」を連載

詳細プロフィール