MENU

研究開発体制

  1. 研究開発体制
BACKGROUND

研究開発体制

高いクオリティを確保する研究開発体制

Faber Companyの注目すべき点として、トップクラスの専門家による徹底した研究開発体制が挙げられます。その要となっているのは、専門分野ごとに選ばれた「職人」と呼ばれる存在です。SEO施策、PPC広告、コンテンツ制作などの領域で、それぞれ知識の習得と技術の研鑽に努めています。

研究開発というと、閉ざされた研究室のような環境でパソコンや書籍にかこまれているイメージがあるかもしれません。しかし、Faber Companyの研究開発はすこしイメージが違います。もちろん国内外の最新情報を収集し、各分野の第一人者と交流し、データを分析するなどの作業も行いますが、現場での実践により培われたノウハウです。

  • 職人の技
  • 現場でのノウハウ
  • データ分析

机上の空論に陥りがちな研究開発の在り方を排し、あくまでも現場で実際の業務を行いながら取り組むことを第一にしています。だからこそ、あらゆる業種のクライアントの“顧客創造”に貢献していくことができるのです。

また、コンテンツマーケティング領域においては、学術機関との産学連携による共同研究にも取り組んでいます。
※2014年8月より、国立大学法人豊橋技術科学大学との共同研究を開始。

研究開発がクライアントに貢献するまでの流れ


  • 情報取得

  • 自社事業実践・
    検証 /
    産学共同研究


  • クライアント
    フィード
    バック

情報取得

米国での各種カンファレンスへの参加、関連会社役員の現地派遣、国内外のキーパーソンとの交流等。

前段で述べたように、Faber Companyは関連分野ごとにエキスパートを配置し、「職人」と呼ばれる専門家によるシンクタンク機能を発揮しています。国内外の最新情報の収集、第一人者との交流のほか、そこには現状分析、過去事例検証、最新情報の吟味などが網羅されています。そのデータはコンサルティングやセミナーの基礎となります。

年1回開催される「Pubconラスベガス」の会場にて。上級者向けの、欠かせないカンファレンス。
世界の検索エンジンマーケティングの第一人者との情報交換なども行う。

カンファレンスの内容は、現場で日本語に同時翻訳されます。
検索エンジンマーケティングの最新情報が、最速で日本語になる瞬間です。
海外で得た情報は、帰国後すぐにサマライズされ、社内にフィードバックされます。

自社事業実践・検証 / 産学共同研究

調査結果は、自社事業(EC等)にて実践・検証。自社事業は買収等により調達し、グループ会社等にて事業再生を取り組んでいます。それらは事業として利益をあげるとともに、当社が提供しているサービス(サイト改善、SEO施策、PPC広告など)の検証の場として役割を担っています。

「職人会議」では、実践・検証結果に対して、その手法がクライアントに提供できるものなのか、商品化できるものなのかなどが議論されます。

また、コンテンツマーケティング領域においては、学術機関との産学連携による共同研究にも取り組んでいます。
※2014年8月より、国立大学法人豊橋技術科学大学との共同研究を開始。

実験結果は「職人会議」にかけられ、共有・議論される。
実験結果はドキュメント化され、共有される。
ある日は、有料リンクを使用しないで
大幅な順位アップを実現した手法が共有された。

クライアントフィードバック

自社事業により検証された有効な手法を、グループ・個別各コンサルティングにて伝授。商品開発・提供を行う。

自社で検証されたマーケティング手法をもとに、クライアントのサイト改善やSEO施策、PPC広告などに活用します。その活用法としてはおおむね3つのパターンでフィードバックされます。

  • サービスそのものに
    反映される場合
    当社がサイトの制作や運営、SEO施策、PPC広告などに関与している場合、研究の成果は、そのサービスそのものにフィードバックされます。
  • セミナーや
    ニュースレターを通じて
    反映される場合
    研究の成果は価値ある情報としてセミナーの題材になる、ニュースレターの記事になるという形でクライアントや閲覧者のお役に立てることがあります。
  • コンサルティングの中で
    反映される場合
    SEO施策やPPC広告、サイト運営に対するコンサルティングを委託されている場合は、日常のコンサルティングの中で随時活用いたします。

SEO施策における指示書。優先度順に、色分けして明示している。
「売上に直結するSEO施策」に関する講演を行う職人。
個別の問題・課題に対して「処方箋」(解決策)を提示。
クライアントと二人三脚で、問題解決に向かいます。

コンテンツSEOにおける記事納品シート。
記事テーマは、明確な根拠を持って選定される。
検索エンジンマーケティングの最新手法に関する
セミナーを行う当社取締役・鈴木謙一
現場では、「具体的な解決策を示すこと」をポリシーとした
コンサルティングが日々行われています。

PPC広告運用におけるキーワードのグルーピング。
ニュースレターは「Faber Companyお客様特別レポート」として、
特製バインダ―とともに隔月でのお届けとなります。
大幅な順位アップを実現した手法が共有された。
グループコンサルティングでも、ご参加企業の問題解決をそれぞれ、行っていきます。

サイト制作における、マインドマップを使用したサイト構成。
ニュースレターでは、各領域のエキスパートにより、
最新の実験・検証結果、現状への 見解などが記されている。
グループコンサルティングでは別室で、
さらに詳しく、具体的な指導を受けることができます。。

研究開発の要点は「現場と実践」

自社傘下の事業会社とサイトは、ゼロベースから起ち上げたものと、M&Aにより取得したものがあります。いずれもFaber Companyの「職人」たちが知恵と力を合わせて作り上げてきたもので、“失われた20年”と呼ばれるネガティブな経営環境にあっても、業績を着実に伸ばしてきました。それもたゆまぬ改善活動の成果であり、最新の施策を注入してきた結果です。私たちの研究開発体制は、このような徹底した「現場と実践」が核となっています。

なお、Faber Companyの場合は、専門家である「職人」がクライアントのもとに出向き、直に接するという文化があります。これは業界としては画期的なもので、通常は営業担当者が課題等をヒアリングし、技術陣がまとめたデータを、営業担当者が説明する企業がほとんどです。しかし、私たちは違います。専門分野の最前線にいる「職人」がブレーンとして「現場と実践」を掲げて登場するダイナミズムを、ぜひ体験していただきたいと思います。

PAGE TOP