MENU

役員紹介

  1. 役員紹介
COMPANY

役員紹介

役員紹介

稲次 正樹

稲次 正樹 COO(取締役社長)

千葉県八千代市出身。早稲田大学(西洋哲学専攻)卒業後、1998年、株式会社アミューズに入社。音楽コンテンツのITビジネス化の黎明期に立ち会う。2000年、株式会社大広(現・博報堂DYホールディングス)に入社、大手食品メーカー・大手外資金融のダイレクトレスポンスモデルの開発・運用に従事する。2004年にITベンチャー畑に転じ、サイバーエージェント、セプテーニグループを経て2011年に当社入社、現任。当社グループの経営を支える。座右の銘は「松明は自分の手で」。

山田 明裕

山田 明裕CCO(取締役) ※CCO・・・Chief Contents Officer

東京都中野区出身。学習院大学経済学部経済学科卒業後、2001年、人材アウトソーシング企業に入社。その後、スポーツ用品を扱う専門商社を経て、2005年に個人事業主としてインターネットメディア事業(アフィリエイト事業)を開始。2008年、同事業の拡大を目的として株式会社Geronimo(ジェロニモ)設立。コンテンツSEOの実践による上位表示実績多数。2012年、コンテンツSEOのさらなる追究を目的として当社入社、現任。CCO(チーフ・コンテンツ・オフィサー)として、一貫してコンテンツSEOの実践・検証に取り組んでいる。座右の銘は「一意専心」。講演実績多数。

副島 啓一

副島 啓一CRO(取締役) ※CRO・・・Chief R&D Officer

兵庫県尼崎市出身。東京大学工学部システム創成学科(PSI)卒業後はITベンチャー畑に進み、2007年、モバイル系ベンチャー企業に入社。2011年、企業の人材発掘支援を行う株式会社SOOLにて国内初の新卒スカウトサイト「Iroots」を起ち上げ、2014年、エン・ジャパン株式会社に事業売却。当社には2013年より参画し、2014年、株式会社Faber & Technologyを起ち上げ、代表取締役社長に就任。2016年3月、当社取締役CRO就任。アーリーステージのビジネス起ち上げを得意とする。

鈴木 謙一

鈴木 謙一取締役Search Advocate

新潟県上越市出身。新潟大学教育学部英語科卒業後、就職のため上京。ITトレーナーや情報システム管理者、ヒューマンスキル系社内講師などの会社員を経て独立。2007年に開設した「海外SEO情報ブログ」は、SEOに特化したブログとしては国内で最も多い記事数とアクセス数を誇る。2008年、当社入社。最新SEOの情報収集・情報発信、セミナー講師・イベントスピーカーが主たる職務。講演・寄稿実績多数。

小川 卓

小川 卓CAO(社外取締役) ※CAO・・・Chief Analytics Officer

神奈川県横浜市出身。ロンドン大学(UCL)、早稲田大学大学院(化学専攻)卒業。ウェブアナリストとしてマイクロソフト、ウェブマネー、リクルート、サイバーエージェント、アマゾンジャパンで勤務。2015年、当社社外取締役CAO就任(現任)。解析ツールの導入・運用・教育、ゴール&KPI設計、施策の実施と評価、PDCAを社内で回すための取り組みなどを担当。特にアクセス解析を中心とした改善提案と分析を強みとする。

アクセス解析に特化したブログ「リアルアクセス解析」を2008年より運営中。個人の立場で企業研修・講演・勉強会・セミナーなどを毎年40回程度実施。また複数社のウェブサイト及びサービス改善のためのコンサルティングを行っている。アクセス解析イニシアチブプログラム委員、Adobe Analyticsユーザー会「eVar7」代表、アジャイルメディア パートナーブロガー、デジタルハリウッド大学大学院 客員准教授、株式会社UNCOVER TRUTH CAO(Chief Analytics Officer)。

■著書(単著のみ)
  • 「ウェブ分析論(ソフトバンクリエイティブ社)2010年・2012年(改訂版)」
  • 「ウェブ分析レポーティング講座(翔泳社)2012年」
  • 「クチコミページと社長ブログ、売上に貢献しているのはどちら? ~マンガでわかるウェブ分析(技術評論社)2012年」
  • 「現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書
  • Googleアナリティクスと、その他ツールを使った実践的ノウハウ(マイナビ)2014年」
■講演先企業・セミナー
Google、電通、博報堂DYメディアパートナーズ、サイバーエージェント、CAモバイル、DeNA、トランスコスモス、イード、レバレージズ、千趣会、NTTレゾナント、エボルニ、ヤマハ発動機、DMM、NEXWAY、婦人画報、イード、ベネッセ、JAL、専修大学、外務省、各種NPO法人、Markezine、Web担当者フォーラム、CSS Nite、日経デジタルマーケティング、日経BP、マーケティング研究会、ソフトバンクテクノロジー、BP Study、Street Academy、Dev Love、スクー、Social & Mobile Week、Web & Mobile Expo、日本アドバタイザーズ協会、日本ウェブ戦略担当者協議会、日本技術印刷協会、マイナビ、アクセス解析イニシアチブ、ウェブ解析士、イー エージェンシー、アドビシステムズ、Omniture Summit(米国)、デジタルフォレスト、エム データ、クリークアンドリバー、アクロビジョン、出前セミナー(札幌・広島・福井・大阪・名古屋・京都・静岡)等

滝井秀典

滝井秀典CPO(社外取締役)  ※CPO・・・Chief PPC advertising Officer

日本大学芸術学部卒業。2003年のGoogleアドワーズ日本開始時期より、検索キーワード広告とランディングページの実践・研究一筋で携わる。自身のビジネスを検索キーワード広告のみで事業化およびバイアウト。
その成功理論を書籍『1億稼ぐ検索キーワードの見つけ方(PHP)』で発表、5万部以上のベストセラーに。
キーワードマーケティング研究所を設立時から延べ千社以上のアカウントを診断およびコンサルティングしてきている。ゼロから年商10億以上にしてきた中小企業や起業家を多数輩出。
現在は広告運用会社としての組織化とグローバルでのキーワードマーケティングの実践を開始している。株式会社キーワードマーケティング研究所代表取締役。

高木 友博

高木 友博技術顧問

石川県金沢市出身。東京工業大学大学院 総合理工学研究科システム科学専攻、博士後期課程修了(工学博士)。

● 1983-1984年 カリフルニア大学 バークレー校コンピュータサイエンス学科 客員研究員。
● 1984-1988年 インターフィールドシステムズ Inc.開発事業部事業部長。
● 1988-1997年 松下電器産業 中央研究所 研究室長、マルチメディアソフト推進室ソフトグループ主担当、マルチメディア全社推進本部ネットワークサービス事業開発室 新規事業化チームリーダー等。
※その間の1989-1993年 国際ファジィ工学研究所(通産省)所長代行、所次長。
● 2004-2005年 カリフルニア大学 バークレー校 コンピュータサイエンス学科 客員研究員。
● 2005-2007年 日本学術振興会(文部科学省)学術システム研究センター専門委員。
● 1998年‐ 明治大学 理工学部 情報科学科 教授(現任)。

現在、Editorial Board of Soft Computing  (Springer)、Editorial Board of  International Journal of Uncertainty Fuzziness and Knowledge-Based Systems (World Scientific)、 Editorial Board of Evolving Systems (Springer)。また、IEEE Computational Intelligence Society Fuzzy Systems Pioneer Award 受賞。International Fuzzy Systems Associationのフェロー。

中川 裕志

中川 裕志技術顧問

● 1975年3月  東京大学工学部卒業
● 1980年3月  東京大学大学院工学系研究科博士課程修了(工学博士)
● 1980年4月以降 横浜国立大学工学部 講師、助教授、教授
● 1999年8月以降 東京大学情報基盤センター 教授(情報理工学系研究科 数理情報学専攻兼担)

現在、人工知能、自然言語処理、情報検索、機械学習、プライバシー保護の研究を行なう。

 

[主著]
朝倉電気・電子工学講座17 電子計算機工学, 朝倉書店, 1984 (1996 改訂新版)単著言語の数理(第1章 数理言語学)”, 岩波講座「言語の科学」第8巻、1999 共著東京大学工学教程 情報工学 「機械学習」 丸善出版、2016。

吉田光男

吉田光男共同研究

豊橋技術科学大学情報・知能工学系助教。筑波大学第三学群卒業、筑波大学大学院システム情報工学研究科博士後期課程修了。博士(工学)。
2011年より日本学術振興会特別研究員(DC1)、2014年より現職。ウェブのコンテンツに注目し、自然言語処理という技術を応用したウェブ工学に関する研究に取り組んでいる。楽天研究開発シンポジウム最優秀データチャレンジ賞、データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム優秀インタラクティブ賞など数々の賞を受賞している。

 

※当社プレスリリース(2014年8月1日付)

豊橋技術科学大学とコンテンツマーケティング技術の共同研究を開始

https://www.fabercompany.co.jp/news/20140801/

古澤 暢央

古澤 暢央Founder(取締役)

北海道札幌市出身。当社設立前からSEM(検索エンジンマーケティング)の現場で研究・実践を開始。培ったノウハウを広くクライアントに提供していくこと目的として、2005年10月に当社設立。以来、当社職人陣のリーダーとして、累計300社を超えるクライアントの、Webマーケティングに関わる問題解決に携わる。この経験をもとに、2012年より自然言語処理・機械学習領域を用いたコンテンツマーケティング技術の研究を行い、職人技をシステム上で再現する「職人とテクノロジーの融合」の実現に挑戦している。座右の銘は「意志あるところに道あり」。講演実績多数。

PAGE TOP