MENU

ローカルSEOを推進していくための顧問(Local Search Advocate)就任のお知らせ | 株式会社Faber Company(ファベル カンパニー)

  1. ローカルSEOを推進していくための顧問(Local Search Advocate)就任のお知らせ
NEWS/INFO

ローカルSEOを推進していくための顧問(Local Search Advocate)就任のお知らせ

株式会社Faber Company(ファベルカンパニー/本社:東京都港区、代表取締役:稲次正樹・古澤暢央)は2021年6月1日、iSchool合同会社代表・伊藤亜津佐(いとう あづさ)氏が、Local Search AdvocateとしてローカルSEOを推進していくための顧問に就任したことをお知らせいたします。

伊藤氏は2021年5月現在、国内2名しかいないGoogleマイビジネス プラチナプロダクトエキスパートです。

Googleヘルプフォーラムの地域検索の分野で年間700件の相談に答え、地域密着の企業・店舗を実際に支援してきた実績を元にGoogleマイビジネス導入・活用術を解説した著書『いちばんやさしいGoogleマイビジネス+ローカルSEOの教本 人気講師が教えるスマホ地図からの新・店舗集客術』を出版。セミナー講師としても人気を博しています。

地域検索からの集客に特化したWebマーケティングツール「ローカルミエルカ」を提供するFaber Companyでは、伊藤氏の知見をツールやお客様支援の精度向上に活かしていく所存です。

特に新型コロナウイルス以降にニーズが高まっている地域検索からの集客支援に今後一層注力することで、小売・飲食・観光業などに携わる皆様の事業基盤を力強くサポートしてまいります。

伊藤亜津佐氏のコメント

スマートフォンの普及によりお店を探すユーザーの行動は大きく変わりました。
エリア単位でお店を探すだけでなく、現在地付近のお店を探すニーズも出てきたことで、地図アプリを使ってお店と接触する機会も増えています。

このような需要の変化を捉え、正面から挑戦を続けているFaber Companyに参画できることを、非常にうれしく思っております。ローカル検索の専門家として、「ローカルミエルカ」の利便性に磨きをかけることに加え、その先にいるお店を探すユーザーに対しても付加価値を提供できるよう尽力いたします。

伊藤亜津佐氏プロフィール

iSchool合同会社代表 伊藤 亜津佐(いとう あづさ)
大学卒業後、株式会社キーエンスに入社。センサーのBtoB営業を経験する。その後、逗子市役所に入庁。観光客の誘致や花火大会の企画など観光行政に携わる。2015年にWebの世界に入り、SEO・ローカル検索のコンサルタントとして、中小企業のWeb集客をサポートしている。現在、SEO会社、Web制作会社のアドバイザリーも兼務。著書に『いちばんやさしいGoogleマイビジネス+ローカルSEOの教本 人気講師が教えるスマホ地図からの新・店舗集客術』(インプレス)
Google公式ヘルプコミュニティにて、以下のステータスを獲得している。
・Googleマイビジネス プラチナ プロダクトエキスパート
・Google検索セントラル(旧ウェブマスター)ゴールド プロダクトエキスパート
・Google検索 ゴールド プロダクトエキスパート


PAGE TOP