MENU

Webマーケター100名超を対象に“ウェビナー”の意識調査を実施

  1. Webマーケター100名超を対象に“ウェビナー”の意識調査を実施
NEWS/INFO

Webマーケター100名超を対象に“ウェビナー”の意識調査を実施

約半数「ウェビナー参加が増えた」が、6割は「ながら見」。「通信環境」「参加感」「アーカイブ視聴」などに改善点

1,500社のWebマーケティングを支援中の株式会社Faber Company(ファベルカンパニー/本社:東京都港区、代表取締役:稲次正樹・古澤暢央)は、Webマーケターを対象に新型コロナウイルスによる緊急事態宣言前後における“ウェビナー”に関する意識調査を実施し、119名の回答を得ました。

5月25日に緊急事態宣言解除後、Webマーケターのうち完全にオフィス出勤に戻った割合は20%。ウェビナー参加は約半数が「増えた」と回答しました。7割が月1~5回参加しているものの、他業務をしながらの「流し見」が6割。「通信環境によるいらだち」や「対面セミナーよりコンテンツが浅い」「参加感が薄い。一部の人の盛り上がりになりがち」「あとでアーカイブ視聴できると助かる」など、改善点も浮き彫りになりました。

調査概要

■調査期間:2020年6月11日(木)~6月19日(金)

■調査対象:Faber Companyと過去接触のある企業担当者様へメールで依頼

■調査方法:Webアンケート

■回答者 :119名

 

調査結果ポイント

・アンケート回答者はBtoBで、システム/ソフト/通信系が40%強。

・緊急事態宣言解除後、ウェビナーの参加回数は増加傾向。開催数が増えていることも関係するか。

・ウェビナ―情報を認知する経路として4割が「メール」。メルマガ運用も重要。

・ただし、タイトルと内容にギャップを感じている人も多く、ウェビナー内容の作り込みは欠かせない。(オフラインセミナーをそのままウェビナーにしないなど)

・ウェビナ―参加者の半分は流し見(視聴度合い50%)。ウェビナー視聴者が参加度合いを高めるための工夫や仕掛けも必要。

・対談であってもスライドは必須。資料ダウンロードや後日録画配信など、参加できなかった方もフォローできるような工夫で満足度もあがる可能性。

・配信環境を万全に。音声や映像に不調が出た場合の対応を伝えておく。

・後日アーカイブ公開などもできれば満足度は高そう。

調査結果のダウンロード

https://mieruca.satori.site/webinar_report20200729

 

 Faber Company(ファベルカンパニー)とは

「日本の職人技と先端テクノロジーの融合」をコンセプトに、企業のWebマーケティングを支援。2005年の創業以来、クライアント企業のSEO施策、コンテンツ制作支援などの事業を展開。2013年からSEOプラットフォーム「ミエルカ」の自社開発を開始。国立大学法人豊橋技術科学大学との共同研究を皮切りに、明治大学などとの産学連携で、Webマーケティング分野への人工知能の応用研究に力を注いでいる。

会社名  : 株式会社Faber Company

所在地  : 〒107-0052 東京都港区赤坂2-14-4 森崎ビル5階

代表者  : 代表取締役 稲次正樹、古澤暢央

資本金  : 1億円

設立   : 2005年10月24日

事業内容 : MIERUCA(ミエルカ)事業、コンサルティング事業、サイトM&A事業、メディア事業、MIERUCA Connect(Web人材紹介)事業

URL   : https://www.fabercompany.co.jp/

 

本件に関するお問い合わせ先

株式会社Faber Company(ファベルカンパニー)
広報担当:井田(いだ)、志賀(しが)
TEL:03-5545-5230
MAIL: pr@fabercompany.co.jp


PAGE TOP